妊娠初期からのケアで予防

手

産後も美しい身体へ

赤ちゃんがお腹ですくすくと育っていくことは、女性にとって、とてもうれしいことです。しかし、妊娠中はホルモン変化や体系が大きく変わり、不安に思う女性も沢山います。妊娠線もその一つです。統計によると、妊娠した女性の約半数に妊娠線ができてしまうようです。一度できたら消すことができない妊娠線は、妊娠初期からのちょっとした毎日のケアで予防することができます。妊娠線のメカニズムを解明して、対策を練り、出産後に後悔しないボディケアをしましょう。では、妊娠線はどうしておきるのでしょうか。まず原因の一つは、お腹やバストが急激に大きくなることに皮膚がついていけずに断裂が起きるために生じます。特に、表皮の下にある真皮やコラーゲン、弾性繊維は伸びにくく、断裂が起きやすいのです。もう一つの原因は、妊娠中に増加するコルチコステロイドというホルモンの影響です。このホルモンにより、肌の弾力が低下したり、新陳代謝が低くなりコラーゲンが妊娠前ほど生成されなくなります。これにより、お肌が弱く、ハリや弾力がなくなって、断裂が起きやすい状況になります。このように妊娠により、お肌をはじめとする体は大きく変化しています。そこで妊娠線予防クリームが使って、不足した成分をお肌に届け、妊娠線を予防しましょう。妊娠線予防クリームには、浸透力のある保湿成分や、お肌に良い薬効成分、美容成分などが配合されていて、効果的に妊娠線を予防します。クリームに含まれる保湿成分として、セラミド、グリセリン、コラーゲンなど他にも様々な成分があります。美容成分としては、顔用の化粧品に使われるほどの、美容効果の高いものが配合されているものもあります。もったいないと思わずに、毎日きちんと使ってケアしてあげることが、妊娠線の予防に効果的です。また、このようなクリームには、香料が入っているものもあり、体に優しく塗りこむことでアロマ効果もあります。