とにかく先に保湿をする

カップル

前兆があったらすぐに塗る

妊娠すると必ずお腹が大きくなりますが、それに伴い皮膚も伸びなければならずいわゆる妊娠線ができてしまいます。お腹が大きくなってもできない人もいますが、例えそんなに大きくならなくてもできる人はいます。そのため、できれば妊娠したらすぐにでも始めたいのが妊娠線クリームでの予防です。しかし、お腹は必ず塗るにしても、他の場所にできる妊娠線はいつの間にかできていることが多いです。気づいた時にはクリームでの予防が不可能なほど筋ができていたということもあります。できてしまってからでは遅いのが妊娠線であり、その予兆を察知してできるところにクリームで先にマッサージしておくことが最重要です。お腹周りは当然ながらしますが、忘れがちなのが胸やお尻です。他にも人によってはできてしまいます。その予兆として、まずムズムズと痒いという現象があります。なんとなく掻いてしまう場所があったらよく見てください。妊娠線ができ始めているかもしれません。妊娠中に痒いところがあったら掻くのではなくクリームをちゃんと塗りましょう。掻くとよけい悪化してしまうこともあります。また、ピキピキと傷む場合もあります。この場合も要注意です。徹底的にクリームを塗りこんでおきましょう。特にお風呂上りなど、皮膚が乾燥しがちな時はしっかりとクリームで保湿とマッサージをしておきます。痒みがあったらそれはもうでき始めている証拠です。もし二人目ということであれば前回できやすかったところにあらかじめ塗っておくことも大切です。

できやすい人の特徴

クリーム

妊娠線ができてしまいやすい人の特徴としては、皮膚が硬い人や乾燥肌の人がいます。こうした状態を防ぐことが妊娠線を作らない重要なポイントになりますので、クリームをしっかり利用して肌の弾力を生み出しましょう。

妊娠後期が勝負

お腹

妊娠線のケアは妊娠中期頃から始めれば十分ですが、リスクの高い人は早めに始めるのも良いでしょう。クリームもいろいろな製品がありますが、数か月にわたって使うため、コスパも重視してこまめにたっぷりとつかってケアしていきましょう。

妊娠初期からのケアで予防

手

妊娠した女性の約半数以上に起きる妊娠線は、妊娠線予防クリームを塗ることで予防することができます。このようなクリームには、浸透力のある保湿成分や、お肌に良い薬効成分、美容成分がたっぷりと配合されています。妊娠中のホルモンの変化により、ゆらいでいるお肌をクリームを塗ることで、補い、予防しましょう。